意外と知らない!不用品回収のルール

- 不用品回収業者の料金

不用品回収業者の料金

用品や粗大ごみの処分を業者に頼むときに、値段がわからず困ったことはないだろうか。
最近では業者の数も多くなり料金もピンキリであることから把握が難しいのが現状だ。
特にWebサイト上に料金例を載せていない場合は実際の料金が他より高額になる場合も多い。
そこで今回は「エコランド」という業者を例に料金を紹介するので参考にしてほしい。

テレビは売る・譲ろう

まず回収業者に依頼する場合は回収料金以外に作業料や基本料が掛かることを覚えておいて欲しい。
例として「エコランド」では基本料金が3,240円掛かる。
問題の処分料だがまずはテレビ。
サイズによって差があるが3,000〜7,000円ほど掛かり若干高く感じる。
最近は製品サイクルも早く、まだ十分に使えるのに新しいテレビを買う場合はオークションやリサイクルショップで売った方が良さそうだ。
高額な料金を請求してくる業者には注意しましょう。
詳細についてはこちらのサイト(http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/070305.html)で確認できます。

家電は高め?

冷蔵庫は4,000〜12,000円、エアコン・洗濯機・乾燥機は5,000円前後で処分してくれる。
どれも若干高めでこの値段と基本料金で10,000円ぐらいは簡単に超えそうだ。
他にも3段のカラーボックスが5,000円前後、電子ピアノが12,000円前後とサイズが大きいほど高くなっている。

できるだけまとめて処分する

手間がほとんど掛からない反面、それなりに高く感じる料金設定だが運び出しや処分までのスピードなどメリットは多い。
できるだけまとめて依頼することで基本料金を安く抑えるなどの工夫が必要だが、非常に便利なサービスであることは間違いなさそうだ。
産業廃棄物の処分や夜間回収など業者によって対応できる範囲が異なるので気になったら問い合わせてみよう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

新井 春佳