意外と知らない!不用品回収のルール

- 自治体の回収と業者の回収の差

自治体の回収と業者の回収の差

粗大ごみを捨てようと考えたときには「自治体の回収」「不用品回収業者」「リサイクル」などの手段があるが、それぞれに長所と短所がある。今回はその中の「自治体の回収」と「不用品回収業者」にどのような差があるのか紹介しよう。

自治体の回収

おそらく買い取りやリサイクルショップに売る意外でもっとも安上がりな方法が自治体の回収だ。自分で運び出す必要はあるが、高齢者や障がいのある人などは搬出してくれる場合もある。中には粗大ごみの処理自体が無料の自治体もあるので、まず各自治体に確認しよう。
デメリットとしては家電リサイクル対象品・パソコンは回収してくれない、回収日が決められているので急ぐときには向かないなどがあるが、ある程度軽くて時間に余裕があるなら自治体に申し込むのがベターだ。

回収業者


こちらは自治体に比べて高額になりやすいものの、依頼から回収までが非常に早く部屋からの運び出してくれるので、手間を掛けたくない場合にオススメだ。自治体とは違い、家電リサイクル対象品なども回収しているところが多いのも有り難い。ただし業者によって料金に差があるので十分に比較した上で利用しよう。

状況に応じて使い分けよう

自体は安いが手間が掛かる、業者は早いが高い。どちらも一長一短なので状況に応じて上手く使い分けると良いだろう。また業者の中には産業廃棄物しか回収していなかったり、必要以上に高額な料金を請求してくる場合があるので注意してほしい。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

新井 春佳