意外と知らない!不用品回収のルール

- リサイクルショップの活用

リサイクルショップの活用

不用品が出てしまうと邪魔にもなるしすぐに捨てたくなることが多いが、ちょっと待って欲しい。粗大ごみとして出すのは簡単だが自治体によっては多少の処分料が掛かってしまうし、運ぶのも面倒ではないだろうか。そんなときはリサイクルショップがオススメだ。

ごみがお金になる

リサイクルショップを利用する最大のメリットはお金になることだ。粗大ごみとして捨てると処分料が発生するが、中古として売れなくとも無料で回収してくれる場合もある。
ごみがお金になるのであればその方がいいだろう。もし売れない・無料回収もしてもらえないときはネットオークションなどのWebサービスを活用してみよう。

意外とサービスも充実している

リサイクルショップの一昔前のイメージとしては持ち込みでの買い取りだろう。しかし最近はサービスの充実を図っており、出張買い取りや宅配買い取りを実施している店舗も多い。送料無料の場合もあるのでこれらを活用すれば家から出なくとも不用品を売ることができる。

産業廃棄物も売れるかも?

リサイクルショップはその業務の性質上、産業廃棄物運搬収集の許可を持っていることが多いので処分に困る産業廃棄物の処理も頼めることが多い。
また、自治体の回収ではやってもらえない運び出してくれたり、値段交渉に応じてくれる場合もある。もし売れなくて回収になってしまっても不用品回収業者や自治体より安く処理してくれることがあるので、粗大ごみなどを捨てるときには積極的に活用していきたい。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

新井 春佳